大阪泉州夏祭りから日本の農業を元気に! 「FARMAER’S DRINK PARK」開催

farmers drink park

株式会社スタンドケイ(本社:大阪市淀川区、代表取締役:名倉 昂佑)は2019年度、人も地域も笑顔になるオシャレで楽しいイベント「FARMERS FESTIVAL」を全国各地で開催することを発表した。

初回は大阪泉州夏祭り実行委員会とタッグを組み、8月24日(土)~25日(日)の2日間、大阪府泉南市タルイサザンビーチにて、フルーツとドリンクに特化した「FARMER’S DRINK PARK」を展開する。
※大阪泉州夏祭り概要(https://senshu-natsumatsuri.com/)

「FARMAER'S DRINK PARK」には土肥ポン太さんが経営する「株式会社ポン太青果」の出展も決定。「日本の農業を元気に!」をテーマに、さまざまな角度で日本農業の課題解決に取り組む企業・団体が参加する予定だ。

日本の農業を元気に!社会貢献を兼ね備えたイベントづくり

「FARMER’S DRINK PARK」は、より新鮮な農産物を使用した商品を提供することで農業への注目を集め、日本の農業が抱える課題の解決策とすることを目的としています。

課題①:食料自給率39%
先進国の中で最低であり年々下がっている農作物の自給率の低さ。超高齢化社会を迎える2045年へ向け、国内の食料自給率を伸ばしておかなければ、国防の面からも大きな危険性がある。

課題②:過疎化が進む地方農地
地方で高齢化と過疎化が進む中、耕作放棄地が増大している。

課題③:継承者不足
少子高齢化、IT時代が農業従事者減少に拍車をかけ、若者の農業への興味は希薄になる一方となり、跡取りのいない農家は廃業を余儀なくされている。

出店ブース紹介

①土肥ポン太の八百屋ポン太青果
■    商品:ポン太特製リンゴジュース / スパークリングワイン
大阪府出身で、NSC12 期生。お笑いコンビ「スキヤキ」やユニット「フルーツ大統領」を結成するも 2001 年土肥耕平としてソロで活動をはじめ、土肥ポン太へ改名。 2004 年には八百屋「ポン太青果」経営を開始し、 2008 年には八尾市の八尾農産物大使に任命される。また、「米・食味鑑定士」の資格も取得し、「株式会社ポン太青果」、大阪府豊能郡能勢町に「ポン太農園」を持つなど事業を拡大している。

②NPO法人農薬マッチ勉強会のフルーツ販売
■    商品:各種フルーツ販売 / トマト・ブドウすくい / ブルーベリー狩り (予定)
農業の活性化に向けた活動をしている非営利団体。2012年より農業や食をテーマにしたセミナーを毎月開催し、大学教授をはじめ士業関係者や農家等が講演。その他、商工業者様向けサービス 講師派遣事業、研修事業、コンサル事業 や農家向けサービス 経営相談支援、勉強会開催支援、ホームページ作成支援、農作業支援、マルシェの開催などを手掛ける。

③Vinefru TOKYO
■    商品:ビネガーサワー / ビネガーソーダ
農家さんから直送された国産果実と、東京都内で醸造所を構えている横井醸造の酢を使用。果物の風味や食感を引き立たせた添加物不使用のフルーツビネガーを使用し、暑いイベント時の熱中症対策などにピッタリのドリンクブース。

④レモンサワー専門ブース
■    商品:各種レモンサワー
フルーツ系サワーの代表格“レモンサワー”の専門店の出店決定!国産レモンに様々なトッピングを施したシンプルなサワーをご提供。隣接する肉フェスの濃厚な肉汁とサッパリ爽やかなレモンが相性抜群!

開催概要

名称 :FARMERS DRINK PARK(ファーマーズドリンクパーク)
https://farmers-festival.com/event/farmers-drink-park.html
日程 :2019年8月24日(土)・25日(日)
時間 :11:00~21:00(予定)
場所 :大阪府泉南市りんくう南浜(大阪泉州夏祭り会場内)
料金 :入場無料 ※商品価格は各出店者で決定
同時開催 :MUSIC CIRCUS’19 / 肉フェス / 泉州光と音の夢花火 / ビーチキャンプ

※会場へお越しの際は公共交通機関をご利用ください。
周辺施設(イオンモール、Ksデンキ、新泉南病院など)への長時間駐車や、路上駐車などの迷惑行為は絶対におやめください。