バーベキュービッグで使用する器材について

01テーブル衛生基準

油汚れには油汚れ用洗剤を使用します。
油汚れ専用洗剤

油汚れはアルコールでは除去できないため、使用を禁止します。

油汚れには油汚れ用洗剤を使用し黒ズミや油のべたつきを徹底的に落とします。

▶︎正しい拭き方・ダメな拭き方

【良い拭き方】
一方向拭き
【悪い拭き方】
往復拭き

往復拭きや円拭きではなく一方向拭きで統一してください。

▶︎往復拭きがダメな理由

往復拭きは綺麗になりません。
アルコールを天面に噴霧し消毒し、乾拭き用雑巾で拭き上げてください。

その後、アルコールを天面に噴霧し消毒し、乾拭き用雑巾で拭き上げてください。

濡れたまま放置すると菌が繁殖をして生乾き臭を発するため、必ず乾拭きまで行ってください。

天板以外の箇所も拭き上げる

灰やタレ、泥などが付着しているため、側板や溝、脚も拭き上げます。

ダメな例
縁に油汚れ蓄積。
日常から洗浄されていない悪い例

02テーブル廃棄基準

故障、破損、著しく汚損したものは使用しないでください。
【左】ビス抜け
【右】天板シール浮き・破れ

03チェア衛生基準

汚れは中性洗剤を使用し落としてください。
洗浄後は十分乾かしてください。

04チェア廃棄基準

故障、破損、著しく汚損したものは使用しないでください。
落ちない汚れ
カビ発生
生地破れ
生地破れ

05コンロ廃棄基準

金属が劣化し朽ちたものは廃棄をしてください。
ロストルが劣化しカスカスになってきている。
コンロが劣化し割れている。

06その他備品|衛生基準

クーラーボックス

汚れた軍手で触ると下記の写真のような黒スミがクーラーボックスに付着します。(主に炭の汚れ)

回収の際は綺麗な軍手か綺麗な素手で回収してください。

黒スミ

回収後は必ず洗浄してください。
食品の汚れで腐敗臭や菌が発生します。
汚れ洗浄後は中性洗剤で泡立てたスポンジで洗い直射日光の当たらない風通しの良いところで乾燥させてください。

トング

カビ、錆び、洗い残し、焦げ、留め具が外れているもの、キズがひどいもの、噛み合わせの悪いものは使用しない。

凹凸部に汚れが溜まります。

トングは凹凸部に汚れが溜まるので、洗浄の際はブラシを準備してください。

【まとめ】基本の判断軸

自分がお客様でサービスを利用した際に「これだったら嫌だな」と思う汚れ等はメンテナンスや廃棄をする軸で考えてください。

会社の資材を廃棄することは判断が難しい一面がありますが、次回も快くご利用いただくため、弊社バーベキュービッグのサービスを引き続きご利用いただけるように各自判断基準を高く設定をお願いいたします。